TOPICS

同人誌の歴史

同人誌の文化は1970年代から発展し、現在も根強く残っています。近年は、インターネットの発達によりデジカル化も急速に進んでいます。これからますます発展していく日本の文化と言えます。

 Read More

無料ゲームを楽しむ

モンハンは、プレイヤーの数が多い人気のゲームです。無料で始めることが出来るということが、プレイヤーの数を伸ばしている要因と言えます。オンライン上で他のプレイヤーと交流できることも魅力の一つです。

 Read More

人気アニメをゲーム化

ドラゴンボールは、年齢や性別を問わず人気があるアニメです。この人気アニメをゲームにしたものがドッカンバトルです。課金を行なう事で、レアなアイテムをゲットし、楽しむことも出来ます。

 Read More

同人誌を楽しむ

同人作家達のマナーとは何か

良い作品の存在は良い芸術家を触発し、生み出します。日本は世界的に見ても二次創作同人誌が盛んな文化が存在していますが、既存作品の同人誌を出すところからプロとしてデビューする漫画家も多様に存在しています。 漫画に対する愛を深め、自分自身の創作能力を磨きたい場合、制作した二次創作漫画を印刷して同人誌を発刊しましょう。 同人誌はマーケットを通じて売却する事ができる立派な商売です。そのため、既存作品の全巻を読んだ事はないけれど、人気作品の二次創作を作って儲けようと望む作家が存在しますが、そうしたスタイルは多くの読者の批判を浴びる事になりますので気を付けましょう。 同人文化は既存作品に対する「愛」に支えられています。愛のない作品に手をつけるのは、絶対にやめるようにしましょう。

ビギナーのための印刷所

自分で描いた作品を印刷して雑誌にする場合、初めの頃は「赤字を覚悟すべし」と言います。名の売れていない作家が利益を上げ辛いのはどの世界も同様なのです。 同人文化は一大マーケットを形成していますが、一方ファンの娯楽でもありますので、利益目的のみで作品を印刷して雑誌にするのはご法度です。あくまでも自分が描いて楽しい作品を印刷するようにしましょう。 従って、同人誌ビギナーが自分の作品を発刊する場合、できるだけ印刷費用を安くする努力をしましょう。例えば印刷会社を決める場合、初回利用者に割引キャンペーンを適用している印刷会社を探せば、費用を浮かせる事ができます。こうした努力により、赤字を回避する事ができるのです。

CONTENTS

様々なツールで楽しむ

ミリオンアーサーは、様々なハードウェアで楽しむことが出来るゲームです。スマホでも楽しむことが出来るゲームでしたが、スマホでのサービスは終了するようです。しかし、これからも盛り上がりを見せることでしょう。

 Read More

経験値を上げよう

とうらぶは、キャラクターの経験値を上げる事やアイテムの獲得する事で、戦闘を楽しむことが出来ます。ストーリー性もあり、男女問わず、楽しくプレイをすることが可能なゲームです。

 Read More