同人誌の歴史

1975年から発展を広げて行く同人誌の歴史

日本には才能あるマンガの描き手が各地に存在しています。一方、出版社の手を通じてデビューに漕ぎ着けるのはその僅か一部であり、埋もれた才能はどのようにして自分自身の作品を発表しているのでしょうか。 一般的に、オリジナル同人誌や二次創作の同人誌を印刷し、販売する事で世間に自分自身の作品を発表しています。 コミック同人誌の即売会が初めて開催されたのは1975年であると言われています。そうした場を通して、同人作家は個人的に印刷した同人誌を販売する事ができるようになりました。 1980年代に入ると、現代でも人気を獲得している「やおい」と言う同人文化が生まれたり、同人作家達の活動は益々拡大しました。 現在日本の同人即売会は海外からのお客様を集めるほど多様な人気を獲得しています。

拡大して行く同人市場

近年、日本における同人誌文化はインターネットの発達により新しい局面を迎えています。一昔前、同人作家が活動できる場所は即売会に限られており、マーケットで印刷した雑誌を販売する事で名を知らしめて行く事ができました。 一方近年では同人誌即売会に登場するより早くインターネットで人気を確立している同人作家も多く、即売会はそのような作家がお目見えする場所として機能を果たしています。 インターネット上で先に活動できる場合、同人誌の売り上げも増加しますので、印刷所を利用する場合、大量の部数を刷る同人作家が増えている現状があります。 今後の同人誌即売会はインターネットとリンクしてこれまで以上に益々の隆盛を迎える事は間違いありません。